ひざの手術・治療KNEE SURGERY AND TREATMENT

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、年齢とともに膝関節の軟骨がすり減り、膝関節に負担がかかって痛みや動かしにくさ(可動域制限)が出現する病気です。整形外科では非常にポピュラーな疾患で、中年~高齢の女性に多く、40才以上の変形性膝関節症患者は2530万人と推定されています。

初期の症状は正座ができない、椅子から立ち上がりの時や階段の昇り降りで痛いなどが挙げられ、進行するに従って関節の動きが悪くなったり、時に関節に水がたまったりするようになります。多くは膝関節の内側の軟骨がすり減っていくため、O脚になっていきます。

膝の痛み

O脚

O脚とは、その名の通り脚がアルファベットの「O(オー)」のようになっている脚のことを指します。

O脚になった膝では、体重による負担がが関節の内側に集中することから、さらに内側の軟骨に負担がかかり変形が進行するという悪循環に陥ります。

O脚のチェック方法

脚を閉じてまっすぐに立った際、膝の間に指2本分(約3cm)以上の隙間があるとO脚の可能性があると言われています

O脚

変形性膝関節症の痛みの原因は?

O脚

主な痛みの原因は軟骨がすり減った結果起こる炎症や、長期化した痛みによる痛覚過敏、前述のO脚等による負担増加や、膝をかばう動き方などで周囲の筋肉や靭帯といった別の組織に負担が集中することなどが挙げられます。軟骨自体は基本的に痛みを感じない組織ですので、軟骨がすり減り、関節が変形していても痛みを感じない場合もあります。