ひざの手術・治療KNEE SURGERY AND TREATMENT

半月板損傷の治療について

半月板損傷の治療は手術以外の治療(保存療法)と手術療法とにわけられ、損傷の部位や程度、靭帯損傷の有無、不安定性の有無などによって総合的に判断されます。

保存療法(手術以外の治療)

損傷の程度が軽度である場合や、損傷された部位が血流の存在する場所で、ある程度の回復が見込める場合などは保存療法が選択されます。痛みや炎症を抑える薬を内服したり、関節に水がたまった場合は水を抜く注射(関節穿刺)や各種注射、装具療法やリハビリを行います。

注射

関節内の潤滑油である「滑液」を補うヒアルロン酸の注射や、局所麻酔剤(痛み止め)、炎症を強力に抑えるステロイドなどの注射を行います。半月板を治癒させるものではありませんが、痛みを緩和させ動かしやすくする効果があります。

注射

装具治療

装具を装着し、半月板損傷によって不安定となった膝の安定性をサポートします。不安定な膝は負担がかかりやすいことから、負担を減らし、痛みを抑えたり治癒を促進させる目的で行います。装具には多くの種類があり、損傷の部位や程度などに応じて処方されます。

リハビリ

筋力が落ちたり、可動域が制限されて動かしづらくなった膝の機能を改善させます。
また、悪化や再発を予防するためにも重要です。

腫れや痛みが強い時期

半月板に傷がつき、炎症が起こっている時期です。この時期に無理に膝を動かすと炎症が悪化してしまうため、負荷を調整しながら関節が固まってしまったり、筋力が低下してしまったりすることを防ぎます。

  • 安静やアイシングによる消炎処置
  • 松葉杖等の処方、指導
  • 物理療法(電気治療や超音波治療など)
リハビリ
リハビリ

腫れや痛みが引いた時期

炎症が治まってきたら、運動療法を中心として低下した筋力や可動域の改善を目指します。動き方を練習したりすることで、負担のかかりにくい動きを習得することなども行っていきます。

  • 可動域運動
    痛みによる筋肉のこわばりや関節の硬さはスムーズな動きを妨げるため、それらの組織に対してストレッチやマッサージなどを行い、柔らかく動きやすい関節を取り戻します。また、膝関節は足首や股関節などの影響を大きく受けることから、それらの動きを確認し必要に応じて介入を行います。
  • 筋力訓練(筋力トレーニング)
    痛みによって膝を動かさなくなると筋力は低下していきます。
    また、膝周囲(主に太腿)の筋肉は、膝にかかる負担を軽減し、安定化させる役割を持ちますので、筋力訓練によって筋力を鍛えてきます。
  • バランス練習や運動の再学習
    人間はどこかをケガすると、そこをかばう動きが癖になり元の動きを忘れてしまうことがあり、他の部位に負担が集中したり動きの効率が悪く疲れやすくなったりといった弊害が出現します。
    バランス練習や動作の練習を行うことでそういった動きを修正し、元の動きを取り戻します。

手術療法

手術療法は損傷した部分を切り取る切除術と損傷した部分を縫い合わせる縫合術に大別されます。
どちらも通常は、大きな切開を伴わない関節鏡を使用した手術が行われます。(鏡視下手術)

半月板縫合術

縫合術はその名の通り、裂けてしまった半月板を縫い合わせて修復する手術です。縫い合わせた部分がくっつくことを狙いとしているため、治癒に必要となる血流が豊富な部位(外側1/3程度)の損傷が対象となります。

専用の器具を用いて半月板の避けてしまった部分に糸を通し、縫い合わせます。損傷した部位によって、ほとんど切開を行わずに治療できることもあれば、数センチの切開が必要になることもあります。

必要に応じて一部半月板を切り取ることもありますが、半月板を温存することができるため、下記の切除術に比べて後々の関節変形などが起きにくいとされています。

半月板縫合術

半月板切除術

損傷した半月板を部分的に切除して、整える手術です。
縫合しても回復が見込めない場合などはこちらが適応となります。比較的早いスポーツ復帰等が望めるメリットがありますが、半月板を切除してしまうことから、後々の関節変形などが起きやすくなると言われています。

手術後のリハビリ

リハビリ

手術後は低下した筋力や関節の柔軟性を回復させ、日常生活の自立、社会復帰・スポーツ復帰などを目指してリハビリを行います。内容や期間は、手術方法や状態によって様々ですが、医師、看護師、理学療法士が連携をとり、手術後早期から安全にリハビリを進めていくことに努めます。

スポーツ復帰は、断裂の形・範囲や競技の内容などによって異なりますが、切除術では術後1~2ヵ月、縫合術では術後2~3ヵ月以降から段階的に行うことが一般的です。