ひざの手術・治療KNEE SURGERY AND TREATMENT

半月板損傷の手術について

半月板損傷の手術

膝関節の構造

半月板損傷に対しては損傷して裂けてしまった半月板を縫い合わせる「半月板縫合術」、または損傷部位を切り取る「半月板切除術(部分切除術)」などと呼ばれる手術が行われ、これら2つの手術手技を組み合わせて行うこともあります。
関節鏡と呼ばれる小さなカメラ(内視鏡)を使用する手術で、傷が小さく済み、術後感染といったトラブルが少なくて済むのがメリットです。

損傷部位の半月板繊維が露出している
関節鏡で損傷した半月板を観察。裂けた半月板の繊維が露出している。

半月板損傷は手術をしなくてもある程度痛みは改善していくのが一般的ですが、炎症や引っかかり、ロッキング(損傷した半月板がはさまって膝が動かない状態)を繰り返すことが多く、将来的な変形性膝関節症のリスクを高めます。変形性膝関節症は進行すると人工関節に取り替える手術が必要になることもあります。特にスポーツへの復帰を考えるのであれば、早期に適切な手術を行うことが大切です。

半月板縫合術

縫い合わせることが可能で、自然治癒が見込める部位の損傷に対しては半月板縫合術が行われます。手術は関節鏡と呼ばれる小型カメラ(内視鏡)を用いて行われ、半月板を温存できることが大きなメリットで、以前は切除していたような損傷もできるだけ縫合術によって治療しようとする流れがあります。

縫合術が適応となる縦断裂
縫合術が適応となる縦断裂

半月板縫合術の大まかな手術手順

  1. 膝関節内に関節鏡(小型カメラ)と手術用の器機を入れるために2~3か所を小さく切開し、関節鏡によって半月板の損傷個所を確認します。
  2. 関節鏡の画像を見ながら専用の器機を用いて断裂部を縫合します。
    状況に応じて、部分的な切除術を併用することもあります。
縫合された半月板
縫合された半月板(水色の物が縫合した糸)

半月板切除術

自然治癒が見込めない部位や縫い合わせることが困難な損傷では半月板切除術が行われます。手術は関節鏡と呼ばれる小型カメラ(内視鏡)を用いて行われ、損傷部位やささくれ立った表面を、ハサミやパンチ、シェーバーで整えます。

フラップ状断裂:浮き上がった部分を切除する
フラップ状断裂:浮き上がった部分を切除する
バケツ柄状断裂:こちらも切除術が適応となる
バケツ柄状断裂:こちらも切除術が適応となる

半月板切除術の大まかな手術手順

  1. 膝関節内に関節鏡(小型カメラ)と手術用の器機を入れるために2~3か所を小さく切開し、関節鏡によって半月板の損傷個所を確認します。
  2. 損傷個所の状態に応じて断裂部を切除・摘出し、ささくれだった表面を整えます。